リンク切れはブログ評価が下がる!リンク先管理のプラグイン!Broken Link Checker

リンク切れはブログ評価が下がる!リンク先管理のプラグイン!Broken Link Checker
時給アップ研究室にご来室頂きありがとうございます。
今回チェックしたwordpressプラグインは!”Broken Link Checker”

Broken Link Checkerとは、
簡単に言えばwordpressで作成した記事内のリンク先が無くなった場合に
知らせてくれるプラグインです。

wordpressのプラグインで導入して良かったプラグインを
備忘録として書き留めておく”プラグイン カテゴリー”の記事です。
wordpressのプラグインの解説は、当ブログよりも立派な解説ブログが沢山あります。
このプラグインの詳細や解説、カスタマイズなどに関して
役立ったサイトなどは、記事をリンクさせて頂いておりますので
よろしかったらそちらでご覧ください。

今回は「Broken Link Checker」を書き留めておくことにしました。

広告

Broken Link Checkerとは?

Broken Link Checkerは
wordpress内の記事でリンクしたサイトがリンク切れになっているのを
抜き出して表示してくれるプラグインです。

ほとんどの方は、
過去に書いた記事は放置状態にしてしまいがちです。

過去の記事内で他のサイトなどを紹介している場合、
そのサイトが期間限定だったり、あるいはサイト自体がなくなったり…と
リンクしていた記事が無くなる場合もあります。

例えばドメインが変わったり、記事が移転したり、パーマリンクの変更なども
リンク切れの原因になります。

それらの「リンク切れ」を放置しているとどうなるのか?

まずは、訪問者(読者)が望む記事でなくなる場合もあります。

さらに、Googleの評価にも関係してきます。

読者が求めた記事が不良であれば、当然読者のためにはならない。

例えば、この記事のように、プラグインを書き留めたりしている記事を
検索などで閲覧する場合、知りたい事柄がリンク先にあり、
そのリンク先がリンク切れなら全く意味のない記事になってしまいます。

記事内、サイト内にリンク切れがあってはいけないのです。

リンク切れが多ければ多いほど、不良なブログになってしまいます。

そんな評価に悪い「リンク切れ」を放置しておくのは
ブログの質をも下げる原因になりますので、
できればいつも良い状態を保ちたいものです。

Broken Link Checkerの特徴

wordpressのプラグイン「Broken Link Checker」は
インストールして有効化しておくだけで、ブログ内のリンク切れを調査してくれます。

リンク切れが見つかると、表示され、設定次第ではメールでも知らせてくれます。

記事内に外部リンクが多い場合は、設置しておきたいプラグインのひとつです。

特徴

1)リンク切れを定期的にチェック
時間を指定しブログ内を巡回チェックすることができます。

2)メール通知
新たに検出されたリンクエラーについてメール通知を受け取ることができます。

3)リンクエラーにカスタム CSS を適用
リンク切れのURLの文字上に横線を表示して訂正表示して視覚的に伝えることができます。

4)検索エンジンに壊れたリンクをたどらせない
リンク切れのものを「nofollow」にし検索エンジンに認識させないようにできます。

主に上記のような機能があり、youtubeなどの映像にも対応しています。
ただし、youtubeなどは、記事内のURLを削除しないと砂嵐のような表示のままです。

広告

Broken Link Checkerの設定

インストール・有効化の説明は省きますのでご了承ください。

「Broken Link Checker」の設定は、ほとんどしなくても使えます。

強いて言えば、リンク切れをメールで知らせるか知らせないか?などは
チェックしておいたほうが良いかもしれませんね。

ダッシュボードに入って、「ツール」を見るか、
ダッシュボードに「Broken Link Checker」の状態を表示させれば
わざわざメールで知らせてもらう必要もありません。

あまり更新がない、放置している状態であればメール告知をしておくのもいいでしょう。

チェックするリンクの種類は一度見ておいたほうが良いかもしれません。

youtubeやVimeoなどが記事内にあれば、選択してチェックする必要があります。

管理画面と使い方

管理画面は、説明の必要も無いほど簡単です。

見たままですので、自身のブログにあった設定をすれば良いだけです。

公式サイト

インストールは、ダッシュボードの新規プラグインからできますが
ダウンロードしたい場合は下記より。

Broken Link Checkerまとめ

記事数が多く、リンク数も多い、そんなブログには特に必要ですが
相当な記事数があるブログに途中で導入するとリンク切れの多さにビックリすることがあります。

例えば、トレンディブログなどで芸能人のブログを紹介したり、
youtubeを貼っていたりすると結構多く見つかるはずです。

Broken Link Checkerを入れておくだけで「nofollow」にできますので
記事そのものを修正する必要は無いでしょう。

ただ…どんどん記事数が増えてリンク切れも増えてくると
数100というリンク切れが表示されます。

こうなると、内部的に無駄なものが増えているようで、とっても鬱陶しい!

気がついた時に記事内からリンク切れを削除したほうがスッキリします。

Broken Link Checkerを有効化して翌日に見れば、
リンク切れの多さにあっけにとられる運営者がいるかもしれません。

実は私もその一人でした。